不動産投資信託の上手な組み合わせ方【賢くウハウハ分配金】

不動産の投資コンサル業

不動産

不動産投資コンサル業からノウハウを得て、上手く利益を出すことです。投資はリスクとリターンがありますが、それは必ずしも相関しているわけではないです。狙うべきは安定した利益であり、低リスクで高リターンです。

詳細を確認する...

不動産投資の良いセミナー

セミナー

不動産投資セミナーと言うのは、良い業者に巡り合うことが出来れば、僥倖です。それで十分に行く価値が出てきます。セミナーで知識を得ることができれば、それだけでも、メリットがある行為であるといえるわけです。

詳細を確認する...

毎月分配金をもらおう

仕組みを理解しよう

不動産

上場不動産投資信託をうまく組み合わせることができれば毎月分配金をもらうことも夢ではありません。そのためには、まず上場不動産投資信託について知る必要があります。上場不動産投資信託は投資家などから集めたお金でマンションやオフィスビルなどの投資物件を購入します。日々の運営管理は運営会社が行い、一般的に、半年に一度決算を行います。そして、この決算の後、投資主に分配金を支払います。つまり、投資主は基本的に半年に一度のペースで分配金をもらうことができるのです。ここでポイントとなることが、上場不動産投資信託の銘柄によって決算月が異なるということです。つまり、決算月の異なる銘柄を保有していけば、月をずらして分配金をもらうことができるのです。

銘柄数も多いです

半年に一度の決算ですから1月から6月までに決算を行う銘柄を保有すれば、自然と7月から12月に決算を行う銘柄をも保有していることになります。つまり、決算月の異なる銘柄を少なくとも6銘柄保有すればよいわけです。上場不動産投資信託の投資口価格は数万円から数十万円程度なので200万円から300万円程度の資金を用意すれば、毎月分配金を得ることができる仕組みを作ることができます。上場不動産投資信託の銘柄は、ここ数年で順調に増加しており、ついに50銘柄を超えました。レジデンス系やオフィスビル系をはじめ、商業施設や物流施設、ホテル等に投資をするものもあります。決算月に気を付けながら銘柄の選択をしてみるのも面白い投資方法です。

話題の投資カテゴリー

不動産

不動産投資にはたくさんのメリットや注意点があります。不動産投資会社も様々ありますので、その不動産投資会社を選ぶことによって、どれだけメリットを伸ばせるか。また、どれだけデメリットを回避できるのか。その見極めが重要になってくると思われます。

詳細を確認する...