位牌の歴史

位牌は、仏教の卒塔婆と魂の拠り所だと考える古来の習俗が合わさったことで、現在の形になったと言われています。伝来されたのは鎌倉時代ですが、一般的になったのは江戸時代です。

位牌の値段以外にも知っておくべきことはある!

花

位牌の種類

呼び方や分け方は地域や宗派によっても異なるのですが、「寺位牌」「野位牌」「白木位牌」「本位牌」の4つに分けられることが多いです。

墓

安すぎる位牌には避ける

位牌は1000円台で購入することも可能ですが、あまりにも安い値段のものは品質が悪い可能性が高いので避けたほうがいいでしょう。何年間も使うものですから、それを考慮しないといけません。

女性

位牌を購入したら供養を忘れずに

位牌の購入後は、戒名を入れるだけでなく開眼供養というものを行わないといけません。まだ供養が済んでいないのであれば、大阪のお寺に供養を依頼しましょう。

花

開眼供養で必要なもの

開眼供養をお願いする時は、ろうそく、線香、お花、鐘、ライター、数珠などを準備しておく必要があります。また、日持ちのする和菓子とお茶もあるといいですね。

[PR]
万が一に備えて生前整理!
気になるなら情報収集から♪

位牌を購入する時の手順

位牌

位牌を選ぶ

墓石と同じく、位牌にもたくさんの種類があるため、選ぶときはよく考えましょう。先祖の位牌や仏壇の大きさも考慮するといいですね。

文字のレイアウトを決定する

位牌に刻むのは戒名か俗名か選ばないといけません。また、没年月日を裏表のどこに入れるのかも考えないといけないので、4通りの中から選ぶことになります。

梵字の有無と文字色を決定する

宗派によっては梵字を戒名の上の部分に入れる場合がありますが、家族と話し合って決めるといいでしょう。また、文字の色は表が白もしくは金、裏が朱、白、金のいずれかであるのが一般的です。

文字の入れ方を決定する

位牌に入れる文字は、書くか彫るかの2択で選ぶことができます。位牌の種類によって選ぶ人もいますが、決まりはないので好きな方を選んでも問題ありません。

蒔絵位牌が人気

塗り位牌のひとつでもある蒔絵位牌は、綺麗な模様が漆の表面に描かれているのが特徴的です。最近広まってきている位牌なのですが、印象が絵柄によって異なるので、イメージに合わせたものを選ぶのもいいでしょう。

[PR]
位牌の値段が安い通販へ
購入ガイドを要チェック!

購入前に知識を身につける

終活を始めるにあたっていろいろなものを準備しなくてはいけません。そのため、深く考えずに決めてしまいがちですが、後悔しないためにも、まずは基本的なことを知ってから行動に移しましょう。

[PR]
大阪で墓石を探しているならこちら
値段はいろいろ

[PR]
墓石の見積もりを出そう!
万が一の時に備えてチェック♪

広告募集中